施設概要アクセス・駐車場よくある質問お問い合わせ
ENGLISH한국어简体中文繁體中文ภาษาไทย
当日の進め方

新着情報


1.日程を決める

  • 百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。また、一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数-1年(年数マイナス1年)で行ないます。(例:三回忌は満2年)
  • 法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般的です。

2.場所を決める

  • 自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。
  • 読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。

3.お寺への連絡・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。

  • 菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。

4.料理の手配をする

  • おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。

5.案内状の手配

  • 親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。
  • 会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。

6.引出物の手配

  • 法事の引き出物に使うのしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。
  • 引出物の品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。最近はカタログギフトも増えました。カタログデザインも不祝儀専用のものを揃えている百貨店やギフトショップが増えてきたようです。予算は@2,000~5,000円程度が一般的です。
  • 引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。
  • 法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。

7.お布施などを用意しておく

  • 僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎)に同席して下さる場合には、御布施または御経料、お車代の2つを用意します。
    もし、僧侶がお斎を辞退されたら、御布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。
  • お布施の表書きは濃い墨?薄い墨?
    お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。
    半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。
    直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。お盆も用意しておきましょう。
  • お布施に包むお金は新札でも良い?
    法事法要の場合にお布施として包むお金のお札は、新札でも新札でなくてもどちらでも構いませんが、汚れているお札はさけるようにしましょう。