施設概要アクセス・駐車場よくある質問お問い合わせ
ENGLISH한국어简体中文繁體中文ภาษาไทย
ホテル利用規則

ホテルの公共性と安全性を確保するため、当ホテルをご利用のお客様には宿泊約款第10条に基づき下記の規則をお守りくださるようお願いいたします。この規則で定められた事項をお守り願えないときは、宿泊約款第7条によりやむを得ず、ご宿泊またはホテル内の諸施設のご利用をお断り申しあげ、かつ責任をおとりいただくこともございますので特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

 

 

1.客室内で暖房用、炊事用の火器およびアイロン等はご使用にならないでください。

2.ベッドの中など、火災の原因となりやすい場所での喫煙はなさらないでください。その他火災の原因になるような行為をなさらないでください。

3.ホテル敷地内および館内に次のようなものをお持込にならないでください。

イ.動物、鳥類(ペット類) ※盲導犬を同伴の場合は、予めフロントにお知らせ下さい。
ロ.著しく悪臭・高音を発するもの。
ハ.火薬や揮発油など発火あるいは引火しやすいもの。
ニ.鉄砲、刀剣類。

4.ホテル内で、とばくおよび風紀を乱すような行為、または他のお客さまに迷惑をおよぼすような言動はなさらないでください。

5.訪問客を各室にご案内なさらないでください。

6.当ホテルの許可なくロビーおよび客室を営業行為などの目的に使用しないでください。

7.ホテル内でお客さまに広告物を配布するような行為はなさらないでください。

8.ホテル外から飲食物等のご注文やお持込はなさらないでください。

9.お預かりのお洗濯物や忘れ物の保管は、ご指定のない限りご出発後3ヶ月とさせていただきます。その後の処理につきましては法に基づいて取扱いさせていただきます。

10.館内の諸設備および諸物品についてのお願い。

イ.その目的以外の用途にご使用なさらないでください。
ロ.ホテルの外へ持出さないでください。
ハ.他の場所に移動したり加工したりなさらないでください。
ニ.使用できなくなった場合は責任をおとりいただく場合もございます。

11.客室は、ご宿泊以外の目的にはご使用なさらないでください。

12.ホテル内および敷地内で、商業目的および他のお客さまに迷惑がかかるような写真撮影はかたくお断りいたします。

13.ご滞在中お部屋から出られる時は施錠をご確認ください。

14.来訪者があった時は、不用意に開扉なさらずにご確認ください。万一不審者と思われる場合は、直ちにフロント(ダイヤル7)にご連絡ください。

15.暴力団関係者によるホテル利用はお断りいたします。当ホテルは、警察署指定暴力追放協力事業所に認定されております。

 
お願い

1.お会計については、前金にてお預かりさせていただいておりますのでご了承ください。またはお支払金額が50,000円以上になるか、1週間ごとかにフロントからの勘定書の呈示がございましたらそのつどお支払ください。

2.お支払についてのご不振な点がございましたら、ご遠慮なくフロントにおたずねください。

3.お支払についてのご不振な点がございましたら、ご遠慮なくフロントにおたずねください。3.ホテル内のレストランやバーをご署名によってご利用なさる場合は、必ず客室の鍵か宿泊確認書をご呈示ください。

4.ホテルの外観を損なうような物を窓側に置かないでください。